10月16日
今年の紅葉は10日から14日ほど遅れています。みな様から問い合わせがあるのですが、自然環境は自然任せです。
写真で様子をしらせたいと思います。

10月13日の信濃毎日新聞、志賀高原の紅葉 紅葉が早いので参考に滋賀高原ライブカメラ


最後の紅葉です。目薬の木、雨で光っていました。隣は逆巻の
猿とび橋です(11月12日)

10月の31日この頃が一番きれいになりました。切明の橋の上からの
場所です。夫婦滝と呼んでいる滝が2本見えます。

10月20日 鳥甲山もいい色になってきました。今年の紅葉も遅れた割にはいい感じになってきました。
切明けではまだこんな状態ですので、ここは来週がいいかと思います。
27日の週はかなり見られると思います。
奥志賀への道はマイクロバスがひんっぱんに通ります。三脚を立ててカメラを構えるにも車に気をつけてください。

10月16日気温は低めです。一気に鳥甲山に色が付き始めました。
今までですと、山頂う付近が色変わり順次下のほうに下りてきたのですが、
このように紅葉が遅れると、全山紅葉になりそうです。
ですから三段紅葉などの期待はうすいかと思います。
 今週末がみごろにはなるとおもいます。来週は標高1.000メートル付近、
遅れているぶんだけ、紅葉は一気に加速するのではないかと感じています。


紅葉には関係ないのですが我が家のバラがきれいでしたので。 鳥甲山の峰の部分が紅葉してまいりました10/10


どなたか唐松につたが絡まっているところはないかという問い合わせ
これは杉の木に付いたつた漆です