佐武流山2192メートル

2007年8月23日〜8月26日までの苗場からの整備状況です。年々歩く人が増えています。
昨今は永い方がいいという人もいたりするのですが、体力にあわせて歩いてください。

2008年整備状況はここ
2007.6.28登山口から対岸までの刈り払い済みました。物思いからは8月の予定ですが、樹林帯の為に藪はそんなでもありません
6月のお客さん、苗場山頂4:00出発〜佐武流山〜ワルサ峰〜登山口〜405号入り口
16:30  実動12:30分という記録を女性2人で達成


成18年度の山の整備(ナラズ山から見る苗場山これが見たくて!!!)

佐武流山は栄村で一番高い山です。そこで1997年に調査をし、翌年から登山道の復活を実施しました。森林管理所、栄村のご理解、ご指導をいただき、ボランティア構成で、始めました。
前進倶楽部として、ヒュッテひだまりに基地を置き、多くの方に汗を流してもらい、2000年に山頂まで開けることができました。ルート確認、竹薮、倒木,水無し、など多くの障害がありましたが、東邦航空のへりも応援していただくなどして山頂に標柱も立てることもできました。参加してくれた方に感謝をいたします。
登られる方も、ご理解をいただきたいと思います
毎年整備のための山行を計画しています。どなたでも参加できますのお問い合わせはこちら

2000年の開通から、ますます元気になり、苗場まで行こうという話になりました。さあ大変です。
それでも、いい仲間で、どんな条件でも確実に道を作っていきました。ならず山では竹薮のジャングル。刈り払いをして意気揚々と帰って、翌年になると、何処を刈り払ったのという具合でした。

ビーバーも壊れるし、ましてチップソーの刃も4時間で切れなくなります。多くを消耗しました。
それでもベースキャンプに帰ると美しい女性たちがおいしい食事を用意してくれて、中には自分のうちより待遇がいいぞ!というのもいました。



                    ならず山から見る苗場山は絶景です。
中央大学ワンダーフォーゲルの看板がありました。手前に見えるのが赤倉山です。
苗場山には2004年に開通

しかし


苗場山頂は湿原保護をするため苗場神社から、赤倉山への道を通行止めにしました。
そうすると縦走コースとして成立しないので、このことを秋山郷に来た田中知事にお願いをしました。
その年に調査に入りその後、自然保護連盟、県、森林管理所、栄村、前進倶楽部等ですりあわせ後新ルートを計画、木道を一次17年度、2次18年度9月完成に至っています。
いろいろありましたが、近年これだけの高層湿原に約1000メートル近い木道の新ルートができるのは奇跡に近いといっても過言でない。

すばらしいコース、ぜひ大勢の方に楽しんでいただきたいと思います。自然を思いやって自分流のトレッキングを!




佐武流山へのイラストマップ

トレッキング戻る 鳥甲山